鶴見大学図書館トップ > 図書館貴重資料の利用 
図書館貴重資料の利用

図書館貴重資料の利用を希望される場合は、こちらをご覧の上閲覧申込を行ってください。

1. 閲覧可能な利用者

  ・本学教職員
  ・本学大学院生
  ・本学学部4年生(卒論利用)
  ・他大学教員(含短期大学)
  ・他大学院生
  ・その他 図書館長が特に許可したもの

2. 閲覧時間

  9:30〜16:30(平日のみ)

3. 閲覧手続

学内

  ・本学教職員用申込書(PDF 89KB
  ・大学院生及び卒論利用者用申込書(PDF 91KB)

  図書館3F事務室受入整理係貴重書担当者に申込書の提出をお願いします。
  卒論の学生は指導教員による引率が必要です。
  閲覧申込書は、図書館メインカウンターにもございますのでご利用ください。

学外

  ・他大学教員・他大学院生 
   必ず所属する大学の図書館を通してお問い合わせください。

  (1) 必ずFAXにて閲覧希望資料の閲覧の可否をお問い合わせください。
  FAX番号:045-584-8197

  【問い合わせに必要な項目】
  ・閲覧希望資料名
    ※典拠資料があればその資料名、その他登録番号、請求記号等わかる範囲でご記入ください。
  ・閲覧希望者の氏名、身分、閲覧目的(なるべく具体的に)、閲覧希望日
    ※ 閲覧希望日は、複数日ご記入ください。多いほうが調整しやすくなります。
    ※ 資料の状態や学内行事等で、ご希望に添えない場合には、その旨ご連絡いたします。

  問い合わせ先:受入整理係(貴重書担当) 045-580-8268

  (2) 閲覧可能となった場合は、所属機関作成の「貴重書閲覧願」をFAXにて送付してください。
  「貴重書閲覧願」(PDF 53KB) から印刷するか、下記必要事項を記入し作成してください。
    ※「貴重書閲覧願」は閲覧当日に原本をお持ちいただき、FAX分と差し替えます。

  【貴重書閲覧願の必須項目】
  図書館長の押印、所属・身分・氏名、閲覧希望日時、閲覧希望資料名、閲覧目的(なるべく具体的に)

  ※閲覧当日、身分証明書をご持参ください
  ※お車での来館はご遠慮ください(駐車場がないため)。

4. 資料の撮影・コピーについて


  ・コピー機によるコピーは不可
  ・デジカメ等の撮影機器の使用は可(フラッシュの使用は不可)

5. 論文等を執筆する場合に際して

  全文翻刻や論文・ホームページ等に写真を掲載する場合は、事前に「許可願」を提出してください。ごく部分的な引用や、単に当館で所蔵している旨を記す場合には、許可願の提出は必要ありません。

  ※何かご不明な点がございましたら、お問い合わせください
  問い合わせ先:受入整理係(貴重書担当) 045-580-8268

6. 美術館等公共機関への貸出、および外部への公表を目的とした当館貴重資料の利用(テレビ取材、        貴重資料の写真を使用した出版物等)に関してはお問い合わせください。
  問い合わせ先:総務係 045-580-8267