鶴見大学図書館トップ >  図書館利用ガイダンス(2007年度)

「図書館利用ガイダンス(2007年度)」

 図書館利用ガイダンスを以下の要領で実施しました。今年度は、より出席者の理解が高まるよう、図書館ツアーを担当する館員の数を増やし、少人数のツアーを実施できました。次年度も継続して図書館ガイダンスを実施していく予定ですので、引き続きガイダンスへの参加・協力をお願いいたします。

 ◆方法
  ・必修科目の1コマの後半(60分)で,館員が図書館地下1階ホールにて実施

 ◆内容
  ・図書館の本の探し方(20〜30分)
   図書館の地下1階ホール(定員100名)にて,スクリーンに投影して説明
   

  ・図書館ツアー(20〜30分)
   10名以下のグループに分けて,館内を見学しながら,図書館員が説明
   各学科の関連図書の配架場所、図書館で提供している施設や人的支援の説明
      

  ・実習として,課題シートにより,各人が別々の本を一冊探し,
   アンケートとともに提出(10分〜20分)
    

 ◆効果
  ・授業で紹介された本,特定のテーマの本が探せる
  ・図書館の学習支援機能が理解できる

 ◆テキスト
  ・鶴見大学図書館活用ガイド 基本編(32p.)

 ◆実施回数など:図書館利用ガイダンス:19回,852名(職員延べ116名)
            文献調査:14回,504名  
            合計33回,1,356名  (2007/6/21現在)

Copyright (C) Tsurumi University Library. All rights reserved.