この文献を取り寄せる

図書館へ購入を依頼する

このページのリンク

<図書>
戦国大名大友氏の権力構造 / 八木直樹著
センゴク ダイミョウ オオトモシ ノ ケンリョク コウゾウ
(戎光祥研究叢書 ; 20)

出版者 東京 : 戎光祥出版
出版年 2021.4
本文言語 日本語
大きさ 526, 22p ; 22cm
内容注記 本書の課題と構成
当主判物の発給過程と年寄制
権力中枢における取次と当主側近の役割
方分による取次と国人
領国支配における検使の役割
城下町移転後の豊後府内と臼杵
臼杵移転の背景と家臣団
軍事的動向からみた耳川大敗後における義統・宗麟の居所
二頭政治期における義統と宗麟の関係
戦国大名大友氏と室町幕府
一般注記 豊後大友氏は16世紀後半に6ケ国と周辺地域に広大な領国を形成した。戦国期の大友氏を対象に、複数国を領し大大名となった段階の領国支配の実像を明らかにし、当該期大友氏権力に関する基礎的な事実関係を確定する。
学位論文「戦国大名の権力中枢と領国支配の構造 : 豊後大友氏を素材として」 (九州大学, 2008年) を元にしたもの
著者標目 八木, 直樹(1978-) <ヤギ, ナオキ>
件 名 BSH:戦国大名
BSH:大友氏
NDLSH:大分県 -- 歴史 -- 中世  全ての件名で検索
NDLSH:大友(氏)
分 類 NDC9:210.47
NDC10:210.47
NDLC:GC283
NDC10:219.504
書誌ID 1000725875
ISBN 9784864033794
NCID BC06504548 WCLINK

所蔵情報を非表示


開架 一般 210.47/Y 1416543
9784864033794

書誌詳細を非表示

データ種別 図書
巻冊次 ISBN:9784864033794 ; PRICE:12000円+税

 類似資料