この文献を取り寄せる

図書館へ購入を依頼する

このページのリンク

<図書>
日本古典文学は、如何にして「古典」たりうるか? : リベラル・アーツの可能性に向けて / 深沢徹著
ニホン コテン ブンガク ワ イカニ シテ コテン タリウルカ : リベラル アーツ ノ カノウセイ ニ ムケテ

出版者 東京 : 武蔵野書院
出版年 2021.4
本文言語 日本語
大きさ 267, 7p : 挿図, 地図 ; 19cm
別書名 異なりアクセスタイトル:日本古典文学は如何にして古典たりうるか : リベラルアーツの可能性に向けて
内容注記 格子からの逃走
忌まわしき〈嵯峨〉のトポス
『更級日記』末尾の一節
狂言綺語へのあらがい
慈円『愚管抄』解題
喰ってかかる『愚管抄』
グローバル資本主義のもとに生きる〈縁〉なき衆生は、いかなるフェティッシュを夢見るか?
頼朝の二つの顔
吃音とエクリチュール
著者標目 深沢, 徹(1953-) <フカザワ, トオル>
件 名 BSH:日本文学 -- 歴史 -- 平安時代  全ての件名で検索
BSH:日本文学 -- 歴史 -- 鎌倉時代  全ての件名で検索
NDLSH:日本文学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:910.23
NDC10:910.23
NDC10:910.2
NDLC:KG12
書誌ID 1000727599
ISBN 9784838604937
NCID BC07542010 WCLINK

所蔵情報を非表示


開架 一般 910.23/F 1418136
9784838604937

書誌詳細を非表示

データ種別 図書
巻冊次 ISBN:9784838604937 ; PRICE:3000円

 類似資料